よくある質問と回答

警備保障会社の提供する侵入通報装置との違いは

警備保障会社の侵入通報装置は侵入があると、警備保障会社の監視センターに通報され、そこから監視員が現場に駆け付け、不審者の確認を行い、警察等に通報します。
駆け付けの時間は、監視センターと農場の距離に比例して長くなります。
みはり番の侵入通報は農場のオーナーに通報されますので、オーナーが現地確認に行く必要があります。侵入から駆け付けの時間は非常に短くなりますが、侵入者とのトラブル対応はオーナーが行う必要があります。